野球の応援にはのぼり!応援効果や注文方法、サイズの選び、相場まで完全網羅!

野球の応援には、声や歌、グッズによる応援などさまざまありますが、おすすめなのがのぼりを使った「視覚に訴える応援」です。

オプション追加で野球応援しやすいのぼりづくりを!

野球の応援にのぼりを使うのなら、

扱いやすくて安全なのぼりにしたいですよね。

それなら、のぼりにオプション追加することを考えましょう。

制作会社によって内容は異なりますが、のぼりのオプションには以下のようなものがあります。

【チチ取り付け位置変更】

チチは左側に付けるのが標準です。

これを右側に付け変えるのがこのオプションです。

【チチ色変更】

チチの色は白が標準です。

オプションで、シックな黒に変更することが可能です。

【特殊カット】

標準ののぼりは長方形ですが、これをアール型やベース型、山切り型などのユニークな形に変更することができます。

【袋状縫製】

ポールを通す部分を袋状に縫製するオプションです。

これをすることによって、強風による巻き付きや巻き上がりを防止することが可能です。

また、見た目もすっきりして見栄えが良くなり、取り付けも簡単になります。

【防炎加工】

のぼりの生地を着火しにくく、着火しても自己消火するように加工するものです。

火器の取り扱いのある場所で使用する場合には、必須のオプションです。

上記以外にも、ほつれ防止縫製や、個別梱包など、制作会社によってさまざまなオプションがあります。

価格は、1つのオプションあたり20~500円/1本としている業者が多いです。

野球の応援に使うのぼりの場合、風によって応援文字やイラストが見えなくなるのを防ぐため、袋状縫製は必須でしょう。

あとは好みや周辺環境に合わせて選んでみてください。

オプション追加で野球応援しやすいのぼりづくりを! はコメントを受け付けていません。

野球の応援にぴったりなのぼりのサイズとは?

多くの人が「のぼり」と聞いてイメージするのは、店先や沿道に立てられているあののぼりだと思います。

でも、実は、のぼりには様々なサイズがあるのをご存知でしょうか。

制作会社によってサイズ設定や呼び名が違いますが、以下のようにサイズ分けされている場合が多いです。

・ミニのぼり:100mm×300mm

・レギュラーのぼり:600mm×1800mm

・ジャンボのぼり:900mm×2700mm

イベント会場や飲食店などでよく見かけるのぼりは、レギュラーサイズですね。

文字やイラストをしっかり配置できる大きさでありながら、持ち運びもしやすいという特徴があります。

野球の応援には、このレギュラーサイズが最適でしょう。

しっかりと応援を選手に届けることができる大きさです。

一方、手のひらサイズとも言えるミニは、応援には少し不向き。

文字もイラストも当然小さくなるため、選手からはパッと見て何が書かれてあるかはわかりません。

しかも、大勢の人がこのサイズののぼりを持って応援すると、チカチカして目障りになることも考えられるので注意です。

また、大型ののぼりも応援に最適かというと微妙。

大きさがあるから一番目立つのですが、大勢の人が集まる野球場では邪魔になる可能性も。

大きさのインパクトで勝負したい場合は、立てて使うのぼりではなく、柵などにかける横断幕を選ぶ方が良いでしょう。

野球の応援にのぼりを使うのなら、やはりレギュラーサイズがもっともおすすめです。

野球の応援にぴったりなのぼりのサイズとは? はコメントを受け付けていません。